税務調査・不服手続・税務訴訟 | 税務調査・税務訴訟.com 弁護士 米倉裕樹

税務訴訟.com

弁護士 米倉裕樹

このサイトは税務調査・不服申立・税務訴訟、その他税務に関する情報提供サイトです。北浜法律事務所の弁護士 米倉裕樹が運営しています。

  • HOME
  • 弁護士費用について

弁護士費用について

弁護士費用について

 税務(民事)事件の裁判上、裁判外の代理行為、法律相談等をご依頼される場合の弁護士費用には、次のものがあります。

  1.「着手金」と「報酬金」
  2.「タイムチャージ」 

1.着手金と報酬金について
   着手金は、委任事務処理の対価として、成功・不成功と関係なく受任時にお支払いいただく弁護士費用です。
 報酬金は、成功の程度に応じて事件終了時にお支払いいただく弁護士報酬です。
 着手金と報酬金の額は、確保した経済的利益の額を、北浜法律事務所規定の報酬基準にあてはめて算定します。
 具体的な金額につきましては、以下の計算式をもとに、ご相談の上、決めさせていただくこととなります。

 ・経済的利益の額が300万円以下の部分
   着手金 8% 報酬金 16%
 ・経済的利益の額が300万円を超え3000万円以下の部分
   着手金 5% 報酬金 10%
 ・経済的利益が3000万円を超え3億円以下の部分
   着手金 3% 報酬金  6%
 ・経済的利益の額が3億円を超える部分
   着手金 2% 報酬金  4%        

  2.タイムチャージ(時間制)について
   依頼者の方との協議により、1時間あたりの委任事務処理の単価を定めて、委任事務処理に要した時間を乗じた額を支払う方法です。タイムチャージのみを支払う場合のほか、タイムチャージに成功報酬を組み合わせる場合もあります。 
 タイムチャージの計算に当たっては、業務内容を明示いたします。

 タイムチャージはご相談内容やご事情に応じ、1時間当たり10,000円~40,000円(+消費税)となります。

4.中途解約・精算方法について
 依頼者の方は、理由の如何を問わず、委任事務終了に至るまでに委任契約を解除することができます。
 委任契約が中途で終了した場合、既にお支払いいただいた着手金、手数料(タイムチャージ)の返金はできません。

5.委任契約書について
 依頼者の方から案件を受任するに当たっては、事前に受任する事件の範囲、弁護士費用、中途解約・精算方法、その他必要事項を記載した委任契約書を取り交わさせていただきます。


 

弁護士・税理士 米倉裕樹について

 弁護士紹介 業務方針     解決事例    講演・執筆

 


北浜法律事務所

目次

 
ImgLS2.jpg
Copyright (C) 2011 税務調査・税務訴訟.com 弁護士 米倉裕樹 All Rights Reserved.