税務調査・不服手続・税務訴訟 | 税務調査・税務訴訟.com 弁護士 米倉裕樹

税務訴訟.com

弁護士 米倉裕樹

このサイトは税務調査・不服申立・税務訴訟、その他税務に関する情報提供サイトです。北浜法律事務所の弁護士 米倉裕樹が運営しています。

  • HOME
  • ケース別問題

ケース別の問題点

税務上、典型的な問題をケース別に紹介します。

重加算税 

 納付すべき税額の計算の基礎となる事実の全部または一部に隠ぺいまたは仮装があり、過少申告・無申告または不納付がその隠ぺいまたは仮装に基づいている場合には、過少申告加算税・無申告加算税または不納付加算税の代わりに、重加算税と呼ばれる特別に重い負担が課され、徴収されることとなります。
重加算税に関する詳細はこちら


過少申告加算税

 期限内申告書が提出された場合で、修正申告または更正がなされ、当初の申告税額が結果的に過少となったときは、増差税額の10%の金額の過少申告加算税が課されます。ただし、増差税額が期限内申告税額または50万円のいずれか多い金額をこえる場合には、そのこえる金額の5%に相当する金額が更に加算されます。
過少申告加算税に関する詳細はこちら


ストックオプション課税

 ストックオプションとは、新株予約権のうち、役員、従業員等が職務執行をするにあたってのインセンティブとなるよう新株予約権を付与するものであり、将来において一定の価格(権利行使価格)にて株式を取得する権利をいいます。取締役や従業員は将来、株価が上昇した時点で権利行使を行い、会社の株式を取得し、売却することにより、株価上昇分の報酬が得られるという一種の報酬制度です。
ストックオプション課税に関する詳細はこちら

 

移転価格税制

 移転価格税制は、国内企業が海外の関連会社へ商品を輸出する際、その価格が関連のない企業との取引価格に比べ、不当に安いと国税当局が判断した場合に適用されます。
移転価格税制に関する詳細はこちら

 

役員の退職金課税

 会社の役員が退職する際に支給される退職金(役員退職慰労金)について、会社にとってどこまでの金額が損金算入できるのか、また退職金を受ける役員にとっても、どこまで退職給与として扱われるのかが問題となります。役員退職金課税の詳細はこちら

相続税申告前後での相続法・税法Q&A 

 相続税申告前後での相続法・税法に関し、留意すべき点をQ&A方式でまとめております。
 遺言書の存否の確認方法、遺言書の検認、遺言を無視した勝手な処分が行われた場合、所在不明の相続人がいる場合、遺言と異なる遺産分割の可否、課税負担の錯誤に基づく更正の請求、遺産分割の内容自体の錯誤があった場合、遺産分割がまとまらない場合の法的・税務上のデメリット、相続法と税法の違い(特別受益、生命保険、相続放棄、遺留分等)などにつき、最新の判例・法令に基づきどのサイトよりも詳細・丁寧に解説しております。
相続税申告前後での相続法・税法Q&A詳細はこちら

 さらに詳細な解説は、当職執筆の「税理士が実際に悩んだ相続問題の法務と税務」(清文社)にて解説しています。

「ケース別の問題点」目次

重加算税   過少申告加算税  ストックオプション課税  移転価格税制    役員の退職金課税 相続Q&A

弁護士・税理士 米倉裕樹について

 弁護士紹介 業務方針     解決事例    講演・執筆

 


Copyright (C) 2011 税務調査・税務訴訟.com 弁護士 米倉裕樹 All Rights Reserved.