税務調査・不服手続・税務訴訟 | 税務調査・税務訴訟.com 弁護士 米倉裕樹

税務訴訟.com

弁護士 米倉裕樹

このサイトは税務調査・不服申立・税務訴訟、その他税務に関する情報提供サイトです。北浜法律事務所の弁護士 米倉裕樹が運営しています。

不服申立前置主義とは

「取消訴訟」は、行政上の不服申立手続を経る必要があります(不服申立前置主義)

 平成26年税制改正により、

 不服申立手続が全面的に改正されました。平成28年4月1日以降になされた国税に関する課税処分については、異議申立は再調査の請求という名称に変更され、これまでと異なり、再調査の請求を経ないで審査請求を行うことが可能となりました(再調査の請求か審査請求の選択制)。


具体的な手続

 
税務署長等が行った処分に不服がある場合、①3ヶ月以内に再調査の請求、②3ヶ月以内に再調査の請求を経ないで国税不服審判所への審査請求、のいずれかを選択できます。再調査の請求に対する決定に不服がある場合には、1ヶ月以内に国税不服審判所げの審査請求が可能です。いずれの場合にも、国税不服審判所の裁決に不服がある場合には6ヶ月以内に訴訟を提起する必要があります。

 

「税務訴訟と不服申立」目次

税務訴訟の種類      不服申立前置主義           

弁護士・税理士 米倉裕樹について

 弁護士紹介 業務方針     解決事例    講演・執筆

 


Copyright (C) 2011 税務調査・税務訴訟.com 弁護士 米倉裕樹 All Rights Reserved.